京都脂肪溶解注射美容外科一覧

 

品川スキンクリニック

品川スキンクリニックの脂肪溶解注射では最新の小顔治療によって注射のみで小顔になることができます。リンパ促進・脂肪分解促進・肌引き締めの3つの効果によって最短1日で効果を実感することができます。なかなか落ちにくい顔の脂肪を手軽に改善できます。治療後は入院する必要が無くそのまま帰宅する事ができるので忙しくても問題ありません。

店舗所在地 京都院 京都市下京区烏丸通 七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル5F

 

 

 

湘南美容外科クリニック
京都院

脂肪溶解注射で考えられる副作用とは

脂肪溶解注射は肌のたるみ解消・ダイエットなどに効果的で、手術の必要がなく手軽に行えるのが特徴です。しかし副作用のリスクもゼロというわけではありません。京都府にもある美容外科で、脂肪溶解注射をしてもらおうかなと検討している方は、ぜひ副作用についても知っておきましょう。脂肪溶解注射に使われる薬剤は”フォスファチジルコリン”という成分が主体で、これは大豆を原料としています。もともと副作用が出にくい薬剤として知られているもので、脂肪肝の治療にも役立てられてきました。でも、もしアレルギー体質を持っている場合には要注意です。大豆アレルギーの方は脂肪溶解注射は避けたほうが間違いありません。脂肪溶解注射では、痩せたい部位を決めて薬剤を注射すると、溶かされた脂肪組織が尿などの形で体外へと出ていきます。このため部分痩せしたい時には特に有効です。注射をするので、その部位は肌が腫れたり内出血を伴う可能性もあります。腫れや内出血はおおむね1週間〜10日程度で治まります。しかし、そのことを知らずに脂肪溶解注射を受けると事情がわからずに驚くこともあるので、事前に知っておいたほうが良いです。他にも薬剤の成分の影響で、注射を受けてから1週間ほどは痛みや発熱の症状を感じるケースが多いです。こうした副作用は、例えば脂肪吸引などの手術と比較すれば軽度な場合が殆どです。京都府にもある美容外科クリニックの医師と相談して、事前にどんなリスクがあるのかよく把握しておけば、より安心して治療を受けられます。